心の知能指数「EQ」とは

メニュー
6.秀才
「EQ」4つの基本能力

心の知能指数「EQ」は自分自身および人間関係を効果的に管理する能力のことで、自己認識、自己管理、社会認識、社会的技術の4つの基本能力からなります。
この基本能力は、さらに細かい能力に分かれます。
以下に、EQの4つの基本能力の特性をまとめました。

自己認識 自己の感情認識:自分の感情を読み、理解し、それが職場での業績や人間関係といったことがらに与える影響を認識すること
正確な自己評価:自分の長所と限界を現実的に評価すること
自信:自己への強くて前向きな信頼感
自己管理 自制心:破壊につながる感情と衝動を制御する能力
信頼性:どんな時にも正直で誠実
良心:自分自身と自分の責任を管理する能力
順応性:状況の変化に適応し、障害を乗り越える能力
達成志向:自分が定めた卓越性の基準を満たそうとする意欲
イニシアティブ:積極的にチャンスをとたえようとする姿勢
社会的認識 共感:他者の感情を感じ取り、他者の考え方を理解し、他者にとって重要なことがらに積極的に関心を抱く能力
組織的認識:組織生活の流れを読み取り、意思決定ネットワークを築き、政治力を用いる能力
サービス志向:顧客ニーズを認識し、それに応える能力
社会的技術 ビジョンのあるリーダーシップ:主導権を取り、ビジョンを人に吹き込む能力
他者の育成:フィードバックと指導によって他者の能力を高めようとする性向
影響力:説得力のある戦術を多様に駆使する能力
コミュニケーション:他者の声に耳を傾け、明確で的確で納得のいくメッセージを伝える技能
変革のカタリスト:新しいアイデアを実行し、他者を新しい方向に導こうとする性向
対立のマネジメント:意見の相違を縮小し、解決を調整する能力
絆の構築:人間関係のネットワークを育み、維持する技術
チームワークと共同作業:協力を促進し、チームを構築する能力