天才になる方法とは

メニュー
4.どうすればなれるか
6.秀才
天才になるにはどうすればいいの?

1.記憶力を高める

 人は学習して物を覚えるという行為を繰り返す事で脳が
 発達していく事が知られています。
 それも10代、20代の時だけというわけではなく、30代を超えた脳でも
 学習によって脳は活性化される事が知られています。

2.左手を使う

 これは左半身が右脳制御という事もありますが、なにより普段と違う事、
 慣れない事をして脳に刺激を与えるという意味合いが強いです。

3.頭にいい栄養素を摂る

 DHAは頭が良くなるとして定番ですが、記憶力が高まるだけで思考力、ひらめきにはあまり効果がないそうです。
 あとは「ホスファチジルセリン」「カフェイン」「アラキドン酸」などが脳活性に有名です、ただ過剰摂取による
 副作用に気をつけてください、あとは日本では市販されていませんが、「中枢神経刺激薬」はかなり脳機能が
 アップするとの事で、外国では研究者などが愛用しているそうです。

4.一つのことをやり続ける

どんな天才でもあらゆることを極めているという人はいません。
何かの分野で他の追随を許さないという人が天才と言われているのでしょう。
ですので、天才になる方法は一つのことを極めるためにやり続け、他の事は捨てる、くらいでないと
いけないとも言えます。